福島市議会議員 二階堂武文です。ふるさとのために、二階堂たけふみができること、街の元気をつないで、ひろげる。みなさまの声を聞かせてください。
ミニ掲示板コーナー
ミニ掲示板コーナー

2月8日㈬。昨日は日差しもありポカポカ陽気の中、午後2時間ほど、小学校付近の通学路を狭くしている凍った轍部分を、唐鍬と角スコで剥がしました。さらに、一輪車で日当たりのいいところに移動。一汗流せて、夕方、出張報告の仕上げに集中できました。
 4日は公文書開示請求をしていた「福島市農道離着陸場条例」の平成9年12月の最初の条例のコピーを、この間、質問をいただいていたSさんにお届けして説明をしてきました。午後からは、過日の「市政報告・第19号」に対しての追加説明のために、地区内の方の事務所に伺いました。
 2日は視察最終日で、佐賀県の武雄市図書館を視察し、福島に戻り帰宅できたのは夜9時過ぎでした。前日は宮崎県都城市からJR日豊本線・鹿児島中央行から九州新幹線を乗り継いで熊本市へ移動。途中、車窓に桜島を見ることができました。駅ビルの洋食屋さんでパスタを食べ、午後1時半から熊本城隣の熊本市役所において「桜町・花畑周辺地区のまちづくりについて」話を伺い、次に歩いて現地を伺いました。視察初日は宮崎県都城市を伺いました。都市再生整備計画の中心市街地中核施設として、平成30年に移転オープンした図書館等複合施設を視察しました。既存のショッピングモールをリノベーションした図書館が1年後には約10倍の入館者を集めるまでになった経緯や背景を現場で伺いました。約3年ぶりで会派の視察は、大部ハードなスケジューリングで、特に帰りの羽田からの乗り継ぎでは新幹線に乗り遅れそうでハラハラ。キャリアケースを引きながらの移動で、大分肉体的な疲労が大きかった気がします。夜9時過ぎには帰宅でき、ホッとしました。
 29日の朝刊に、地元を中心にした新聞折込で「市政報告・第19号」を発行しました。このサイトにもアップしました。12月定例会議の報告です。限られた紙面に、どうまとめるか、苦労の跡を感じ取っていただければ有難いです。
 新型コロナウイルス感染状況では、福島市の新型コロナ患者数7日判明分は55名です。クラスター(感染者集団)については、2月8日に市内の高齢者施設で10名の陽性者が出ました。本市では「新型コロナ・インフル同時流行に備えよう!」を呼び掛けていて、オミクロン株対応ワクチンの接種とインフルエンザワクチンの‟二刀流”の協力を呼び掛けています。インフルエンザの流行期を迎え、注意が必要です。
今日1日お疲れさまでした。